FC2ブログ

平成31年第1回障害者支援施設部会施設長会

障害者支援施設部会 施設長会議 会議内容
[日 時]平成31年4月19日(金)14:30~16:30
[場 所]アイリス愛知 さふらん 名古屋市中区丸の内2-5-10

【議題】
1 前期事業について
①医療従事者研修
   テーマ「あらためて嚥下障害について考える」
    講師:作業療法士 石田匡章 氏
   期日:6月27日 
  実践報告:第二養和荘 渋谷施設長 
   場所:愛知県社会福祉会館 2F
      ボラ学習室
②初任者研修
  障害者支援施設に特化した研修を行う

③施設長施設訪問研修
 期日:9/26~9/27  
 訪問先:シェア金沢  社会福祉法人つばさ福祉会
 募集人員:30人程度
 対象者:施設長、または管理者
 旅費:35,000円

2 部会要望について
 4月にアンケートを実施
 参考にして要望書を練っていく

3 地域移行関係
 施設設置年表からみる
 地域移行への各施設の取組みについて
 話し合った。


【諸連絡】
1 川崎会長  愛知県チャレンジ事業について
 愛知県の施策であるチャレンジ事業について
知的障害分野において受けてくれる
施設を募集する。対応をお願いしたい。

 *連絡報告事項については、割愛しました。

以上 

障害者支援施設 部会長 榎本博文
スポンサーサイト

今年度看護師研修に係るアンケート調査について

1 課題について(抜粋)
 ・高齢化にともない食事療法、機能訓練等
 ・現在は医療ケアをしていないが、今後、酸素吸入、点滴、気管内吸引くらいはできるような設備、職員配置が必要になってくる
  ことも予測される。
 ・高齢化による誤嚥性肺炎、転倒による骨折の予防
 ・医療的ケアの利用者がいないので課題はわからないが、そうなった場合は現状では受け入れは難しい。
 ・知的障害者入所施設は、生活施設として設立されているので、施設の設計や職員体制等が利用者の高齢化に対応できる
  ようになっていない。にもかかわらず、利用者が高齢化し介護等が必要となっており、その先の看取りの対応をも迫られつつ
  あること。 

2 研修希望について(抜粋)
 ・医療への抵抗が強い利用者、自傷行為を繰り返す利用者への対応
 ・高齢化対策
 ・廃用症候群(機能低下予防)
 ・感染症対策
 ・誤嚥のメカニズムや対策・他職種へ確実な情報伝達と情報共有の工夫
 ・腰痛予防について、移乗等の工夫
 ・看護師としての災害時のリスクマネジメント
 ・支援から介護への移行
 
3 調査協力施設
・サンフレンド・むもん・シンシア豊川・まどか・ひがしうらの家・まゆ・第2ゆたか第二希望・尾張中部福祉の杜
・かしの木の里・藤川の里・豊橋ちぎり寮・藤花荘・養楽荘・額田の村・蔵王の杜・森孝しぜんかん・ホタル・第2養和荘
・ペガサス・べにしだの家・泰山寮・第2藤花荘・つつじ寮・レジデンス日進・いずみ福祉園・ペガサス・Ⅱ・福寿荘・ひかり学園
・里山の家・パスピ・98・養和荘・あいさんハウス・オーネスト希望・よつばの家・あかね荘・しだみ学園・ひまわりの風

施設長・当該施設の看護師のご協力に感謝申し上げます。
部会長 榎本博文



日中活動支援部会研修

平成31年3月1日(金)刈谷市産業振興センターにて、日中活動支援部会主催による研修が開催されました。
今回の研修のテーマは 「地域との繋がりと施設の役割について」です。
実践事例発表に、社会福祉法人ダブルエッチジェー AWひまわり 管理者 立石 佳輝氏より行われました。
9464190643649.jpg
後半のグループワークでは、刺激語法によるワークが行われました。刺激語法とは、一見テーマとは無関係なキーワードの組み合わせから刺激(インスピレーション)を得て、アイディア発想の糸口を生み出す手法です。
このワークでは、各グループ大変盛り上がり自由な発想が生まれていました。
時間が足りず、話したりない方もいましたが、今後の業務いかされるのではないでしょうか。
9464191514617.jpg
今回、参加されなかった方も次回の研修には是非参加をお願いします。
                                                                日中活動支援部会 川口

リンク
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
管理者

愛知県知的障害者福祉協会

Author:愛知県知的障害者福祉協会

RSSリンクの表示