FC2ブログ

平成30年度 施設訪問研修(21名参加がちょーどいい)

[9月20日(木)]
 訪問施設:「なごみ苑」「第2三恵園」「GH 大里荘」
 強烈な雨の中の施設見学となった。なごみ苑は、木造建築の平屋であり、入った途端木の香りが心地よい環境であった。高齢者の生活介護事業の通所施設であり、落ち着いた環境の中で、ゆったりと過ごされていた。日中は、外周の散歩による体力作り、さおり織りなど、利用者の年齢に合わせて作業を実施していた。印象的には、自立度の高い高齢障害者の日中支援というコンセプトにより、静かな環境を提供している。通所者のほとんどはGHの利用者である。施設事務所はGHの事務所も共有していて、広々としていた。倉庫も多くあり、広々とした空間の大切さを痛感した。
 第2三恵園は25年経過した施設であり、いかにも施設であった。GH見学直後ということもあり、地域移行は、やはり必要かと思われた。高齢化による、機械浴への移行、救急隊の通路確保とストレッチャーの入るエレベータの確保、トイレ改修は他人事では済まされないと自覚した。
 GH大里荘は、なごみ苑から歩いて5分程度の距離であった。今回見学したのは、できたばかりのGHで、スクリンクラー完備のホームであった。一階と2階の玄関を完全分離し、2ユニットのGHであった。トイレは2か所でったが、1階のみの見学であったが、風呂は1つのみであった。問題はないということであった。GH事業化した、平成元年からホーム事業を始めており、78人定員17か所という規模の大きなGH事業を展開している。
 
[9月21日(金)]
 神戸の北部に位置する、陽気会は、60年を迎える歴史ある法人である。総敷地面積2700坪に障害児入所施設、障害者支援施設3か所、児童発達支援センター、放課後等デイサービスなど、年間収益13億円、職員200人規模の法人である。すごいところが、すでに、会監査を入れ対応している。銀行等はそうした対応から、経理面に問題ないと分析し、融資を提案してくるという。更に宮崎県にB型の通所施設を持っている。放課後デイの子供たちも、家族とお泊まり体験をする資源ととして活用しているということである。
 広い敷地には、まだまだ工事が続いており、北側の川が流れる河原に子供が外で遊ぶための広場をつくる工事が進んでいた。児童入所の一階は、レストランに改修し、オープンを目指すための改修工事も行われていた。今回見学した、施設はできて1年と半年であり、そのコンセプトは、ターミナルケアである。26名定員の入所を新設し、高齢障害者の生活を支えている。そのためなのか、神戸市も新規施設に許可を出してくれた。
そこは、裏があり、26人の住んでいた施設の定員は減じた。つまり、26人が設備の整った施設に引っ越したようなイメージである。このように、主体は利用者であり、利用者の状況にあわせた支援の実行を行っている。実際90才の高齢障害者など落ち着いて生活していた。それを考えると、食事・入浴など様々リスクはあるが体制的には、年齢や支援目的の統一された施設のほうが事業管理はやりやすいのではないかと思った。
 以上のように2日間の訪問研修で得られた情報は大きい。大規模な施設から小規模化というのが関西方面の動きである。第2三恵園も50定員から現在45人、最終は40人を目標に動いているという。我々もGH等を整備しながら、地域での生活を楽しむことのできる支援を展開しなければ、権利条約の意思決定を実現することは夢でおわる。
 訪問した、施設の施設長・職員の皆さんありがとうございました。感謝申し上げます。
[文責 榎本博文]
陽気会本部前にて
なごみ苑での集合

スポンサーサイト

困難事例対応研修

平成30年9月10日刈谷市産業振興センターにて、日中活動支援部会主催困難事例対応研修が開催されました。
講師に、たくと大府 施設長林大輔氏 (たくと大府 施設長 TEACCHプログラム研究会愛知支部代表、強度行動障害支援者養成研修講師)をお迎えし行いました。
S__71909385.jpg
今回の研修は、募集早々に定員に達してしまい、参加できなかった事業所の方もみえ、大変申し訳なく思っております。
午前中は、強度行動障害の基礎知識の講義がありました。
S__71909390.jpg
午後からは、講義及び実践、グループワークと行いました。
S__71909388.jpgS__71909387.jpgS__71909386.jpgS__71909389.jpg
この講義で得た知識がすぐに実践できるかは、難しいとは思われますが、少しずつ強度行動障害への対応を理解した職員を増やしていくべく、今後もこの研修を続けていけたらと思います。
(日中活動支援部会 川口真史)

「福祉の店」でお待ちしています

今年も、愛知県セルプセンターが、障害者作品即売会「福祉の店」を開催いたします。
開催期間と開催場所は、下記をご参照ください。
皆様のご来場を楽しみにお待ちしております。

福祉の店 表

福祉の店 裏゜

記事作成:福祉協会事務局/梶木抄美
リンク
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
管理者

愛知県知的障害者福祉協会

Author:愛知県知的障害者福祉協会

RSSリンクの表示