FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日中活動支援部会研修

平成31年3月1日(金)刈谷市産業振興センターにて、日中活動支援部会主催による研修が開催されました。
今回の研修のテーマは 「地域との繋がりと施設の役割について」です。
実践事例発表に、社会福祉法人ダブルエッチジェー AWひまわり 管理者 立石 佳輝氏より行われました。
9464190643649.jpg
後半のグループワークでは、刺激語法によるワークが行われました。刺激語法とは、一見テーマとは無関係なキーワードの組み合わせから刺激(インスピレーション)を得て、アイディア発想の糸口を生み出す手法です。
このワークでは、各グループ大変盛り上がり自由な発想が生まれていました。
時間が足りず、話したりない方もいましたが、今後の業務いかされるのではないでしょうか。
9464191514617.jpg
今回、参加されなかった方も次回の研修には是非参加をお願いします。
                                                                日中活動支援部会 川口

スポンサーサイト

困難事例対応研修

平成30年9月10日刈谷市産業振興センターにて、日中活動支援部会主催困難事例対応研修が開催されました。
講師に、たくと大府 施設長林大輔氏 (たくと大府 施設長 TEACCHプログラム研究会愛知支部代表、強度行動障害支援者養成研修講師)をお迎えし行いました。
S__71909385.jpg
今回の研修は、募集早々に定員に達してしまい、参加できなかった事業所の方もみえ、大変申し訳なく思っております。
午前中は、強度行動障害の基礎知識の講義がありました。
S__71909390.jpg
午後からは、講義及び実践、グループワークと行いました。
S__71909388.jpgS__71909387.jpgS__71909386.jpgS__71909389.jpg
この講義で得た知識がすぐに実践できるかは、難しいとは思われますが、少しずつ強度行動障害への対応を理解した職員を増やしていくべく、今後もこの研修を続けていけたらと思います。
(日中活動支援部会 川口真史)

困難事例対応研修

平成29年3月10日 日中活動支援部会主催の困難事例対応研修が開催されました。
40名以上の参加者が集まり有意義な時間を過ごす事が出来たのではないでしょうか。
講師に社会福祉法人豊田市福祉事業団障害者総合支援センター第二ひまわり 倉嶋昌之氏をお迎えしました。
前半は障がい特性とコミュケーションの基礎知識・実際というテーマで行われました。
後半は5・6名のグループに分かれ、各施設での困難事例をテーマに話し合いがおこなわれ、短い時間ではありましたが活発な意見交換がなされておりました。
IMG_3267.jpg
IMG_3266.jpg
IMG_3271.jpg
IMG_3272.jpg
IMG_3270.jpg


記載者
日中活動支援部会・広報委員 すまいる 川口真史
リンク
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
管理者

愛知県知的障害者福祉協会

Author:愛知県知的障害者福祉協会

RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。